鳥取の葬儀・お葬式ならメモワールイナバへ(ホール・自宅・家族葬から、ペット葬、遺品整理、葬儀保険、相続相談)

株式会社メモワールイナバ 0120-24-3215

亡くなる前に出来る事

宗旨、宗派、親しい友人や知人、親戚の所在地、また連絡してほしい人などを事前に調べておくとよいでしょう。

また、菩提寺・同宗派の寺の所在地や電話番号、もしもの時に依頼する葬儀社・斎場の連絡先も記録しておくことをおすすめします。

宗派の確認をしておきましょう

葬儀には仏式、神式、キリスト教式から無宗教葬まであり、その飾り付け等もおのずと違います。 特に仏式においては、宗派によって飾り付けに違いがありますので、事前に宗派を確認しておきましょう。

通夜、葬儀の形式とは、仏式、神式、キリスト教式、など、通夜・葬儀を営む際にどの宗教に従うかという宗教上の問題です。日本では約9割が仏式で行われますが、故人が無宗教で自分らしい葬儀の形式(音楽葬、山岳葬など)を希望していた場合は、その遺志を尊重します。

故人の写真を探しておきましょう

葬儀の際等、祭壇に飾る遺影が必要ですので、できるだけ鮮明な写真(一人写しでなくても結構です)を準備しておきましょう。

遺族、親族並びに一般会葬者数を予測しましょう

会葬礼状、粗供養品、通夜等の手配の関係上、葬儀の会葬者数等をある程度、予測しておく必要があります。予測する方法としては、故人の生前の交際範囲と遺族の交際範囲をあわせたものが、一つの目安となります。なお、遺族、親族の名簿を作成しておくとよいと思います。

祭壇等施行の部屋は整理しておきましょう

葬儀式場はなるべく広く使用できる部屋を整理し、会葬者の出入りしやすい部屋を選びましょう。葬儀社直営の斎場を利用するのも選択肢の一つです。