鳥取の葬儀・お葬式ならメモワールイナバへ(ホール・自宅・家族葬から、ペット葬、遺品整理、葬儀保険、相続相談)

トピックス&催し

2018.06.01 更新

第3回メモワールイナバふれあいカップグラウンド・ゴルフ「八東大会」

6月1日(金)八東総合運動公園野球場にて 第3回メモワールイナバふれあいカップグラウンド・ゴルフ「八東大会」(主催 ㈱メモワールイナバ 主管 八頭町G・G協会八東支部)を、旧八東町に在住するG・G愛好者相互の交流と親睦を図り健康保持・増進を目的に開催させていただきました。八東G・G協会の役員さんからお声掛けをいただき本年度で第3回の開催となりました。参加者75名の方々は6月28日に開催される第4回メモワールイナバ「友愛カップ」の選考大会でもあり和気あいあいの中にも熱戦が繰り広げられました。

早朝から、役員さん達が準備をされているところにイナバのスタッフが合流。大会の看板、湯茶の準備、賞品のセッティングなど準備万端。開会式では、メモワールイナバ代表取締役光浪房夫が「申し分のない大変よい天候に恵まれグラウンド・ゴルフ日和となりました。6月28日(木)にコカコーラ・ウエスト・スポーツパークで開催される第4回メモワールイナバ「友愛カップ」の選考大会でもあります。賞品もパワーアップいたします。がんばって出場の権利を獲得していただきたい。尚、6月17日(日)に鳥取東ホールでの感謝フェアは入場無料、人形供養の他に光心クラブ提携店による「味のお散歩屋台」での味の食べ比べ、ステージではパフォーマンスにつづき、大抽選会などなど。とっとり葬祭会館とメモワールイナバの合併5周年記念感謝フェアとなります。大勢の方のお越しをお待ちしております。と挨拶。

ゲームとゲームの間には、準備させていただいた美味しい麦茶、熱中症予防の飴でひと呼吸。そのあと、さらにパワーを出されあちこちでホールインワンの歓声が聞こえていました!!!本日はコンデションがよかったのでしょうか。仲間に入れていただいたスタッフ1名も何と!ホールインワン!!!

昨年につづき小高い山の野球場で、内野、外野とコートが分かれ3ラウンドめは合流しての内野コートでのラウンドとなりました。
メモワールイナバのスタッフも1ラウンドずつ交代で3名がゲームに参加させていただきました。「体力に自信がない~」の理由で交代制になりましたが、ちょうど満足でした。コツも伝授していただきました。仲間に入れていただき楽しかったです。ありがとうございました。

結果は、次の通り

優勝   尾﨑 綾子  (鍛冶屋)  49打 ホ2

準優勝  松葉 富貴子 (中)    53打 ホ1

第3位  尾崎 義弘  (安井宿)  65打 ホ2

みなさん、お疲れ様でした。来年又、お会いしましょう~

2018.05.29 更新

ご案内)メモワールイナバ鳥取東5周年感謝フェア

平成30年6月17日鳥取市久末のメモワールイナバ鳥取東にて「メモワールイナバ鳥取東5周年記念感謝フェア」を開催いたします。旧とっとり葬祭会館と合併し5年を迎えさせて頂きました。その日頃のご愛顧にスタッフ一同感謝を込めて、地域の皆様にお楽しみ頂けるよう様々なイベントをご用意しお待ちしております。ご家族そろって是非お立ち寄りください。

2018.05.25 更新

メモワールイナバ鳥取東「お葬式無料相談見学会」開催

平成30年5月25日、鳥取市久末のメモワールイナバ鳥取東にて「お葬式無料相談見学会」を開催致しました。今回はお葬式場の展示とエンデイングノートセミナーとお葬式セミナー「お葬式は総費用で考える」を行いました。「他のセミナーと違って、身近でグッと心にくる話でした。帰って復習します!」と両方のセミナーに参加して下さった方からそうお声掛けいただきました。講師を務めさせて頂く弊社スタッフが大切にしていることは、「自分自身も体験し一緒に考えること」です。エンデイングノートも事前相談や見積もりも、自分自身が取組み、感じたことや結果をセミナーの中で伝えさせて頂きます。それが、終活に取組む側、見守る側のホンネとなって届いているのだと感じます。これからも聞き良いだけのセミナーではなく、現実味のある内容を心掛け、もしもの時の、『心』と『費用』の負担軽減の手助けとなるよう行って行きます。
この無料相談見学会の特徴は、情報を一方通行で伝えるのではなく一つ一つのお葬式が違うように、参加者さんの目的に応じて対応させて頂くことです。そして、事前だからこそお伝え出来ることを中心に、「もしもの時」の安心に繋がる情報発信を心掛けています。
本日は、ご来場誠にありがとうございました。

次回開催は、6月12日を予定しております。

2018.05.21 更新

グリーフサポート暖環(だんわ)の会開催

平成30年5月19日㈯ 県民ふれあい会館にて、「グリーフサポート暖環(だんわ)の会」を開催いたしました。(主催:㈱メモワールイナバ、共催:合同会社ライフケアーズ)「暖環の会」は遺族サポートのひとつとして毎月第3土曜日に開催しております。
本日は、談話の時間と折り紙の時間で和やかに過ごさせて頂きました。
この度は、初めての試みとして、皆さんで折り紙の傘作りに挑戦。鳥取を代表する踊りや、梅雨入り前の季節にちなみセレクトした傘作り。先生はライフケアーズにお願いしました。折り紙とボンドを使い一つ一つ丁寧に仕上げていく作業に没頭し作り上げた作品は個性的で、品評会もいつもと違った彩りとなりました。
 今回は皆様が折り紙作りも一緒に過ごしましたが、時間の許す限り話したい方や、「皆さんのお話を聞いてみたい、、、。」といった方にはご自由に過ごして頂く事が出来る空間です。皆様にとって心安らぐ『暖環の会』を大切にしていきます。

グリーフという言葉は、大きな喪失に伴う反応「悲嘆」を表す言葉で、大切な家族や親しい方を亡くした後の、複雑な情緒的状態を呼ぶ言葉として用いています。多様化する現代社会において、悲嘆を「癒す場所」が減少していると考えられています。そのような中、亡き方への様々な想いを抱えたご遺族の皆様が、孤独や孤立感を感じることなく、誰にも気兼ねなくお話しする・・・他の方のお話に耳を傾ける・・・そんなあたたかい繋がりや場所があれば・・・その想いが「暖環の会」を始めるキッカケとなりました。
この「グリーフサポート暖環の会」では、価値観の押しつけやアドバイス、無理な聞き出しなどは致しません。おいしいお菓子とお茶を用意してお待ちしております。次回は、6月19日(土)午前10時~正午まで県民ふれあい会館で行います。お申込み不要、参加費無料です。
どうぞお気軽にお越しください。

2018.05.14 更新

第27回メモワールイナバふれあいカップG・G佐治大会

5月14日(月)佐治町大井の多目的運動広場に於いて第27回めとなる「メモワールイナバふれあいカップグラウンド・ゴルフ大会」(主催 佐治グラウンド・ゴルフ協会 共催 ㈱メモワールイナバ)が開催されました。年二回の開催で今年で14年目となりました。鳥取市と合併されることがきっかけで佐治町民のを結束を深める目的に開催され、開会式では「協会員でなくてもグラウンド・ゴルフを愛する方は誰でも参加していただけます。グラウンドゴルフを通してみなさんがますます元気になり120才まで長生きしていただきたい」とメモワールイナバ代表光浪が挨拶。笛の合図でゲームが始まり41人の熱戦がはじまりました!!!

スタッフ2名も仲間に加わり、特にこの日を楽しみにしていたスタッフ1名。久しぶりにはりきって参加!!!結果もそこそこで事前のアドバイスのたまものでしょうか。思う存分、楽しませていただきました。おなじみのお茶とあめで休憩をとり和やかな中にも熱い戦いと佐治谷のさわやかな風を感じながらの大会となりました。

上位3名が同点となり、2打の多いい順に優勝、そして準優勝、3位はプレーオフで順位を決める一幕もありました。

結果は以下の通り
優 勝  岸田 哲夫(加瀬木)  36打 ホ① 2打8
準優勝  西尾 寛茂(津 無)  36打 ホ① 2打7 
第3位  安部 正男(小 田)  36打 ホ① 2打7     
第4位  中谷 仁義(高 山)  38打
第5位  下田 竹蔵(刈 地)  39打 ホ①

佐治の皆さんお疲れ様でした!!!

秋の大会も楽しみにしています!!!

1 8 9 10 11 12 13 14 15 16 107